【公式】お散歩モールと猫のみせ | 里親募集型猫カフェ 猫のへや
【営業時間】
10:30~18:00
【定休日】
水曜・木曜(他臨時変更あり)

2021年2月16日

野良猫から【さくら猫】に

高齢化が進み、私の親世代(ご高齢)の方々も

まだまだ元気で暮らしている昨今。

それはとっても素敵なことではあるけれど、

残念なことに、田舎になればなるほど

昔の飼い方が、今も続いています…

外飼い(もしくは半外半室内飼い)

なのに! 避妊(去勢)手術をしない飼い主。

自然なこと(?)と都合よく解釈し、

妊娠しようが外で産もうがそれが当然と。

産まれた子猫は、もともと飼ってる猫じゃないしと責任を放棄して、

そして生き残った猫が野良猫になります。

飼い猫を、平気で捨てる最低の人間もいて

捨てられた猫も、野良猫になります。

知っていますか?

【野良猫と言う猫はいない(いなかった)!】

ということを。

ノネコはいます。(イリオモテヤマネコなど)

野良猫と言うのは、人間の身勝手が作り出した結果です。

虐待や虐殺は、決してテレビのニュースで流れる

どこか遠い地域の話しではありません。

身近にも起こっています。

皆んながみんな、猫が好きな訳ではありません。

それはしょうがないことです。

猫が好きでも、糞尿被害に合い、嫌いになった人もいます。

気持ちはとても分かります。

ですが、野良猫だって必死で生きているんです!

お腹が空いても、必ず餌がもらえるわけもなく

毒を盛られたりもします。石だって投げられます。

寒い夜、暑い夜だって、耐えて耐えて必死に耐えて、ようやく朝を迎え、

そしてまた、過酷な一日が始まるんです。

そんな過酷な毎日でも、本能だから妊娠出産します。

ガリガリでもボロボロでも、本能だからします。

そしてまた、疎まれながらも必死に子育てしながら生きていきます。

野良猫として生きることは、

決して自然なことではありません!!

お外でのんびり昼寝。ホントに幸せでしょうか?

どうかこの、過酷な状況で生きている野良猫を

一代限りにし、そして、今いる猫を、

【さくら猫】にしてあげて下さい。

全国各地でTNR活動が広がっています。

まだまだ田舎に周知されるには

時間がかかることでしょう。

それでも少しづつでも頑張ることを続けます。

可哀想で餌をあげた猫。気になっている猫を

どうかどうか、さくら猫にしてあげて下さい。

3月も一斉TNR手術を行います。

問い合わせ、申し込み、受け付け中です。